講座概要

社会人のためのデザイン塾について

社会人のためのデザイン塾とは、デザイン思考の社会人を増やし、会社に役立つ人材、社会に役立つ人材を育成するためのビジネススクールです。


なぜ?デザイン思考の社会人を育てる必要があるのか?

昨今、ビジネスにデザイン思考を取り入れられることが多くなりました。ですが、それは理論的、体系的に学んだだけで、会社に直接役立つノウハウになっていない場面も多く見られます。それが、企業に持ち帰っても活かしきれていない証拠です。そこで、より実践的でより具体的にデザイン思考を身につけていただける講座をご用意しました。

これにより、デザイン思考を持ちながらも、リーダーシップの取れる人材を輩出し、企業の活性化や本質的なブランディングに役立てていただきたいと思います。

また現在は、企業がデザインに投資をしても、なかなか成果の出ない場面も多くあります。それは、デザイン思考とだけに留まっているからです。ビジネスにデザイン思考を取り入れ、より良い成果を出す場合には、デザイン思考に留まらずビジネス思考がないとより良い成果につながりません。

つまり、より実践的なデザイン思考とは、ビジネス思考も兼ね備えた総合的な目を持った考え方と、行動力、再現力のある仕組みを学ぶということです。

ブランディング、マーケティング、そしてデザイン。この3つの要素が重なり合うことで、企業に新たな価値と戦略を生み出してくれます。それを再現でき、実行できる人材となって、会社のため、社会のために、より良い人材に成長して、輝かしい将来を目指していただきたいと願っています。

リーダーシップの取れる人材とは?

ビジネスを進める際のリーダーシップには『社内においてのリーダーシップ』『社外に対してのリーダーシップ』『ユーザーに対してのリーダーシップ』この3つの視点があります。

  • 社内においてのリーダーシップとは、他人の能力を見定める能力です。
  • 社外に対してのリーダーシップとは、他社との関係性をより良く保ち続けられる能力です。
  • ユーザーに対してのリーダーシップとは、お客様との関係性をより良くするための能力です。

この3つのリーダーシップにより、質の高いビジネスを展開することが可能になります。


デザイン能力とは?

当スクールでは、あなたの潜在的に眠っているデザイン思考の能力を呼び起こし、高めていただきたいと思っています。あなたの中に潜在的に眠っているデザイン思考とは、『蓄積された情報量』と『情報の質』です。

その2つの組み合わせを鍛えることによって、デザイン能力は高まります。

  1. デザイン能力とは、総合的な視野から、問題・課題の本質を導き出せるチカラ
  2. デザイン能力とは、創造性に富み、今持っている価値を最大限に活かすことができるチカラ
  3. デザイン能力とは、ユーザーの求める質の高低を見極められるチカラ

この3つの能力のことを言います。これらの能力を高めることにより、人と人との関係性をより良いカタチでつなぐことができる能力者に成長することができます。その能力者が増えることが、今あるビジネスのより良い発展につながり、長く愛される企業へと成長することになります。

そのため、昨今のビジネス現場では、デザインとの関係が良いバランスである企業だけが求められており、ビジネスの発展、継続につながっていると言えます。

ビジネスとデザインの関係

ビジネス継続の秘訣は、ユーザーに対してより良い価値を提供し続けられた者だけが得られる特権です。

  • 見た目に拘りすぎて、ユーザーに提供するタイミングを逃す。
  • 内容が薄すぎて、ユーザーに本当の価値が伝わらず利益を取り逃がす。
  • 過剰な表現をしすぎて、ユーザーからの信頼を失う。
  • より良い評価、より良い制度を導き出せず、能力の高い社員を失う。
  • 価値の本質を知らなくて、より良いパートナーを見放してしまう。見放される。
  • 目先のお金に執着しすぎて、将来的な発展の可能性を潰してしまう。

これらの事象は、ビジネスの現場でよく見かける光景です。これらの関係を相対的に判断し、より良い結果(成果)を残すことができるのがデザインです。

あなたの将来のため、企業の成長のため、より良い社会[誰もが幸せに暮らすことができる社会]の実現のために、すべての人に身につけていただきたいと思います。


当塾で学べること

当塾で学ぶことができるのは、関係性についてです。

この地球上のすべては、あらゆる関係で成り立っています。関係とは、本が好きな人もいれば、音楽が好きな人もいれば、絵が好きな人もいる。そのような価値観の相違の中で、すべての人間関係は成り立っています。各講座を通じて、それらの関係について解説し、ビジネスへの活かし方を解いていきます。

  • ビジネスとデザインの関係
  • ロジックとイメージの関係
  • ビジネスとブランドの関係
  • 雰囲気と印象の関係
  • お客様と価値の関係
  • 仕事と能力の関係
  • 経営者と社員の関係

など、関係には様々な事柄がありますが、それらの関係をどのように仕事に活かすと良いのか?を学んでいただきます。実際に見た目を作っていただいたり、関係を結ぶための方法を学んでいただくなど、経営視点、運営視点、現場視点を学ぶことで、より広く、より深い視点からモノゴトを判断できるようになっていただきます。

 

あなたの能力を最大限に発揮して、ぜひとも豊かな将来を築いてください。

 

社会人のためのデザイン塾
塾長:神田 kanda